過去にバズった記事ランキング

「陣痛なう」とは?

スポンサーリンク

f:id:shinoegg:20150314183214j:plain

スポンサーリンク

陣痛なう事件のあらまし

陣痛中、微弱だった頃から、ひまつぶしにTwitterを見ていた志乃。
産院のベッドから、気の合う相互フォロワーたちに向けて、冗談まじりに状況を伝えていた。

その後、どんどん激痛が増していくが、陣痛の合間に、笑いをとる実況ツイートを考えることで、精神統一をはかっていたところ、気づいたらどんどんフォロワーが増えている。

なんか知らないうちに、たくさんの人から、応援されてる。
ちょっとでも黙ろうものなら、すごくハラハラされる。
弱音を吐いた日には、いったいどうなってしまうのだろう?

よし、見とけ。
これがアタイの生き様だ。

…というか、生み樣か?

謎の芸人魂を発揮し、出産直前まで笑いを取りにいってしまう、志乃なのであった。

出版までの経緯

2012年2月末、陣痛の様子を何気なくツイートしていたところ、「陣痛を実況している妊婦がいる」と、あれよあれよという間に大騒ぎに。引くに引けなくなって、出産直前まで続けることに。

その一連の実況ツイート集が、友人の手によってインターネット上のツイートまとめサービス「Togetter」でまとめられると、100万再生を突破。

その後、ご縁があって出版化が決定。

ワンオペで0歳児を子育てしながら、40枚近くの書き下ろしイラストを描く、地獄の日々が始まるのだった__。

f:id:shinoegg:20150510203941j:plain

Togetterまとめから主要ツイートを抜粋し、なれそめ編、妊娠編、(1歳の誕生日までの)育児編、ブログで好評だった、「育児あるある川柳絵日記」ほか、多数のコラムを追加。

その全てに描き下ろしの挿絵を追加し、イラストエッセイとして、辰巳出版社様より出版することとなりました。

f:id:shinoegg:20150108142825p:plain

書籍『陣痛なう』中身紹介❤

『プロローグ』では、旦那との難あり(?)出会いや、妊娠を決意した理由など、
第1章『妊娠なう』では、紆余曲折の妊娠編、
第2章『陣痛なう』では、ネットで公開されている「陣痛なう」まとめから主要ツイートを抜粋。
第3章『育児なう』では、1歳の誕生日を迎えるまでのドタバタ育児を
第4章『育児あるある川柳絵日記』では、ブログで公開し好評だったものの一部を転載。

それぞれに、私が描き下ろした挿絵や、裏話を加えた、イラストエッセイです。

その他、旦那のインタビューなどオマケコーナーも盛りだくさん。

「母親学級で教材として使っている」「パパに読ませている」の他、沢山のお声をお寄せいただいています。ありがとうございます。

書籍化の元になったTwitterツイート集(Togetterまとめ)はこちら

ノーカットで「陣痛実況ツイート集」だけを楽しみたい方はこちらをどうぞ。無料でご覧いただけます。

お問い合わせ

管理人からの返信について
返信不要大至急2〜3日以内1週間以内今月中いつでも可

コメント

タイトルとURLをコピーしました