過去にバズった記事ランキング

個人の責任か社会の問題か、もしくは社会を選ぶ個人の問題か

スポンサーリンク

理想通りに育児ができなかった場合、悪いのは母親か、支えられない父親か、社会の構造か、批判的な人間か。自分のせいにしたり、責任転嫁したり、悪者探しにやっきになるより、自分のために、自分にできることを探したい。

そんな気持ちからの徒然草です。

 

自分も、環境や社会も、自分を否定する人間も、みんなまとめて「そういうものだから仕方がない」と肯定することが出来たなら、どんな絶望的な状況の中でも、前向きに子育てすることができるかもしれない。

関連記事
更新のお知らせを受け取るにはこちら
ブログ更新通知をお届けします。
子育て・育児心理・哲学日々の考察
望月志乃の ひびわれたまご|ADHD主婦・イラストレーター

コメント

タイトルとURLをコピーしました