過去にバズった記事ランキング

「発達障害者は子どもを産むな」に反論してみる

スポンサーリンク

発達障害は先天的なもの(=生まれつきの脳みその特性)である。

加えて、親から子へ受け継がれていく「遺伝性のものである」という説がある。

確率の問題であり、必ず遺伝するとは限らない。

 

その話を聞いて、妊娠・出産のみならず、結婚も躊躇う当事者が少なからずいるらしい。私も第二子を産むかどうかについて、どうするべきか悩んだ時期があった。

 

当然ながら、最終的には本人が自身の責任において考えるべきことであり、他人がどうこういうべきことではないが、現実はそうではないようだ。

 いつものようにTwitterを眺めていると、こんなツイートが目に入った。

これは「質問箱」という、匿名で質問を送ることができるWEBサービスを利用したもの。婚活中のまるさん@jbn48が、Twitterで質問を募集したところ、このような誹謗中傷のメッセージが届いたとのことで、そのことについて考えてみた。

スポンサーリンク

発達障害者は子孫を残すべきではない?

発達障害者は子どもを作るなというのはつまり、子孫を残す権利はないという主張だ。

仮に100歩譲って、人類に害をなすしかない劣等種だとしたら、逆になぜ我々は、こうして今ここに存在できているのだろう。

 

そもそも全ての人間は、「できそこない」だ。完璧な人間など存在せず、多様性があるからこそ、人類は繁栄してきた。

主張に隠された、おかしな「前提」

質問の送り主の言い分をまとめると、こうである。

  • 発達障害者は婚活をするべきではない。
  • なぜならば、発達障害は遺伝するからである。
    (あくまで一説であり、必ず遺伝するとは限らない)
  • 子どもを作らないで欲しい。
    (質問者は赤の他人であり、直接関わりあいがないが、口を出す必要性を感じている)
  • 子どもを作らないのだから、結婚をするのもいけない。
    (結婚は、子どもを作るためにあり、作らないのなら結婚をしてはいけないという思い込み)
  • 不幸な発達障害者を、増やさないで欲しい。
    (発達障害を持って産まれることは不幸でしかないため、最初から生まれてこない方がいいという決めつけ)
  • 発達障害者は周囲に迷惑を垂れ流すだけの存在なので、社会に出て来ないで欲しい。(多様性の否定。選民思想の持ち主?)

強い言葉の裏には必ず「理由」がある

「弱い犬ほどよく吠える」という通り、大型犬はおとなしく、小型犬は威嚇に必死だ。

攻撃性は不安の表れであるとして、この質問者がここまで強く主張する背景が、どうにも気になった。

質問者は、なぜそこまで言う必要があったのだろうか。

考えられる理由を列挙してみる。

  1. 普段から発達障害者に迷惑をかけられており、脅威を感じている。
  2. 自分も発達障害を抱えているが、「子どもに遺伝してしまうかもしれない」のと、「子どもを産めないなら結婚する資格はない」と思っているため、自身の結婚は諦めており、「自分と同じように諦めていない」ことが許せない。
  3. 劣等感や嫉妬心を抱いており、マウンティングをして安心したい。
  4. 「自分は自分、他人は他人」という自他の境界線があいまいである。
  5. 質問者は実在しない。

もちろん、送った本人にしか分からないことではあるが。

私個人の予想としては、2+3+4あたりではないかと思う。5はまあ無いだろうが、仮に5だったとしても、こういうことを言われるのも、よくある話なのが困ったところ。

 

攻撃性を抱えた当人の問題

「発達障害者としてどうあるべきか」という定義を、人それぞれ持っていて、そこから外れる人間を攻撃する人もいるが、価値観の問題であり、攻撃されている側の問題ではない。

要は、「あなたはそう思うのね、わたしは違うけど。」で終わる話なのである。

得意分野で活躍する発達障害者たち

全ての発達障害者が天才なわけではないし、こういう話を聞いて「エジソンのような才能がなければ存在価値がないのか」と感じる当事者もいる。

 

それでも、「個性的である」ということは「おもしろい」ということだ。

誰もが「普通」な世の中は、絶対につまらない。

普通である人間なんていないのに、普通を求める社会もおかしい。

色んな人がいるから面白いし、刺激的なんだと思う。 

 

言葉通りに受け取ってはいけない。

言葉の裏側には、色んなことが隠れている。

 

少なくても私は、それなりに苦労もしてきたけども、自分のADHDっぽさを愛しているし、人生おおむねハッピーである。

 

なあ、みんな。

発達障害を持っていたって幸せになれるっていう、生き証人になっていこうな。

 

次の記事

続きを書きました。

 

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

コメント

  1. 自分がADHDだと気付いてから
    盤若の形相で猛烈に障害について
    調べ尽くしました。
    学習障害だけでも、ADHD含め5~6あります。
    精神障害(自己愛性人格障害など)
    7~8あります。
    身体に障害のある人、
    知的障害のある人、
    何を読んでも、サイトを見ても本を読んでも、
    今並べたようないわゆる障害と呼ばれるようなものが
    おおむね全体の2割だそうです。
    重なる障害を持っている方がいたとして。
    それでも、結局人間は何らかの凹があるのでしょう。
    たまたまADHDであっだけで。
    私も発達障害の人達って
    人間味溢れていて大好きです。

  2. 子供を作るのはいいと思う。ただ、障害だったら税金でよろしくって思うのだったらやめてほしい。色んな生き方は肯定するけど、健常者より障害がでる確率は低くはない筈だ。
    その上で子供を産んでみたいというのは、自分的には全く問題ない。遺伝子の多様性は悪くない選択肢だからだ。
    社会に頼る前提でさえなければいい。結果がどうなろうとも。

  3. 人に迷惑かけちゃいかんというのがわからん。俺は胸を張って言えるが人に迷惑をかけまくって生きている。それじゃダメかね?

  4. 少子化の日本で、社会に迷惑だから子供産んで欲しくないとか狂ったこと言う人をマトモに相手しちゃダメ

    • 子供の数ではなくて
      将来国に税金を払い社会に貢献する子供の数増えないといけないのです。

  5. 働きアリの法則で、実際「会社や社会的に迷惑をかけない」と思っている人たちだけで社会を作ってみたら、今まで見下して命令していた役割をその集まりの中からまた改めて作るだけじゃないの?って思う。
    「できない」「迷惑をかける」人間は、「こいつ出来ない」と思うマジョリティがいないと成り立たないのだから。

  6. 発達障碍の方が子供を産むというのは勿論他人が批判するべきことではありませんが…
    親が発達障碍でカサンドラ症候群になってしまったり
    苦しんでる子供を見ているので
    どうしても考えてしまいます。
    私も精神病患者ですが
    自分達が問題なく生活できるのは
    沢山の方が我慢しているからという事を忘れてはいけないのでは?

  7. どうもこの記事からは障害によるデメリットから必死に目をそむけているように見えます(たとえば、「普段から発達障害者に迷惑をかけられており、脅威を感じている。」という可能性を考えていなかったり)。やはりどう言いつくろってもいかんともし難い生きづらさを子供に与えてしまう可能性があるのですから(可能性があるだけでも、子供にやらせなくてもいいギャンブルをさせるわけです)。
    ですが、そのことを正面から受け止め、子供に起きうるリスクをできる限り軽減させる案と覚悟があるのなら、発達障害でも子供を産むのは素晴らしいことだと思います。
    ※言葉で書くのは簡単ですけど、まだまだ自分もその覚悟を持てていません。やっぱりデメリットが怖いというのが本音です

  8. 初めまして。この記事の他の方のコメントについて、少し気になる点がありましたので、意見させていただきます。
    発達障害者と結婚するメリット・デメリット、発達障害者と子育てをするメリット・デメリットを判断するのは、発達障害者自身や、ましてや他人ではなく、配偶者です。
    もし配偶者自身が、発達障害や個人のことをよく理解した上で、この人は発達障害者だけどこの人と一緒になりたいと思うのであれば、発達障害当事者も含めて、ほかの人はコントロールなどできないし、してはいけないと思います。
    産まれてくる子どもの幸不幸など、親が発達障害者だからといって完全に規定されるなんてことはありえませんし、育児に関して、夫婦だけで抱え込まず、周囲のサポートを得る必要性があるのは、健常者の家族でも同じでは無いでしょうか。
    長文失礼致しました。

  9. 私の伯母が発達障がいで軽度の知的と自閉スペクトラムの中のアスぺや自閉持ちで
    夫も強いアスぺでしたが、子どもは知的やアペが強く遺伝し、私はいとこでしが意思疎通も難しいです。
    虐待で育児放棄、姑やきょうだいへ子供を押し付けたりで
    まったく育てられませんでした。その子供も
    今や引きこもりや無職です。すべてではありませんが発達のレベルにおいては反対です。

  10. 母がアスペルガーで弟が血の洗礼を受け「自閉症」です。
    アスペルガーに育てられた私は幼い頃から精神病と仮性アスペルガーを抱え、カサンドラ症候群を持っています
    そして。
    母が歳で死んだら自閉症の弟の世話は私です。
    弟に罪はありませんが、老いた鬱病と自閉症でどうやって暮らすのか。母は自由に結婚して離婚しましたが、私は弟の世話のため相手の迷惑にならぬよう、結婚できません
    私が母を憎んでいないと思いますか?
    私は自分と弟をこの世によこした無知無能の女が許せません
    あなたもアスペルガーですから、この憎悪は理解できないでしょう。
    娘の私にとって母は私と弟の人生の希望を奪った重罪人です。

  11. あたしは 発達障害児の息子を持つ 母です。 あたし自身 身体障害者に 将来なる予定。 右足 股関節人工に 入れ替え 視力は 現在も 低下中……
    で 息子は 双子。
    それでも あたしは 産んだ事も 自分自身の事も 今は 幸せだと思ってます。
    不幸だと 思った事も 理解されない事も あるけど でも 生きてます。

  12. 結婚するなってドヤる人って、独身でいても決して褒めてくれません。なら好きなようにした方がいいと思います。
    発達障害(叩きやすいもの)を叩いてる気がする。
    まともに生きてる人ほど人と違う者が許せない。アレルギーみたいに一言も話してないのに嫌われます。
    幸せな発達障害の家庭のブログを読むとほっとします。ある所には幸せがあると。

  13. 児童施設の児童の親の9割発達障害で、その子どもも発達障害。どうなんでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました