過去にバズった記事ランキング

諭吉へのラブレター

スポンサーリンク

諭吉ときたら、いつまで待たせれば気が済むのかしら。

私はこうしてずっと待っているのに。

 

 

他の男に目移りしたことは認める。

だって、英世はいつもそばにいてくれるし。

気軽に呼べるものだから、気軽にいつも「さようなら」を言ってしまうの。

 

親友の樋口はよく、気がついたら英世に交替している。

 

二千円札に至っては、もう顔も思い出せない。

そもそも顔すらなかった気もするけれど。

 

私はあなた方にとって、居心地のいい女ではないかもしれない。

英世のことを間違って、漱石と呼んでしまうこともある。

最低な女よね、あたし。

 

気がついたら、私のそばには、丸っこいものばかり。

 

ねえ、諭吉。

 

あなたは旅に出ると行って、なかなか帰って来ないけれど。

もう少ししたら、一回り大きくなって、きっと戻ってくるのよね?

 

あなたと来たら寂しがりやのくせに、すぐ外の世界へ行ってしまう。

仲間がたくさん集まっているところが好きで、いつも固まって過ごしている。

残された者のことなんて、思い出しもしないんでしょう。

 

男って、いつもそう。

 

いなくなってから、大切さに気がつくなんてね。

無様に待ってしまうあたしを、バカな女と笑うがいいわ。 

 

もし「そんなことはない」と言ってくれるのなら、至急ご連絡ください。

 

連絡方法は、いつもの「連番10枚」でいいかしら。

待ってます。

関連記事
更新のお知らせを受け取るにはこちら
ブログ更新通知をお届けします。
日々の考察
望月志乃の ひびわれたまご|ADHD主婦・イラストレーター

コメント

タイトルとURLをコピーしました