過去にバズった記事ランキング

お金よりも、経済力が欲しい。もっと言うと、アレが欲しい。

スポンサーリンク

金運 ゴージャスイメージ

もちろん、お金も欲しい。
でもきっと、それだけじゃ足りないんだと思う。

スポンサーリンク

お金が欲しいというより、“その先”が欲しい。

例えば、
プレゼントを贈ったら、好きな人の笑顔が見られたとか。

好きなアーティストの活動に、役立てることが嬉しいだとか。

旅費を奮発して、ガイドブックを片手に飛行機へ乗り込む時の気持ちだとか。

高額な医療費を払って、愛する人が病を完治した時の喜びとか。

保育料がかかってもいいから、働けることに感謝したいという気持ちとか。

寒くてひもじい時に味わう、1杯のカップラーメンとか。

働いて稼いだお金で、ずっと欲しかったものを買えた時の気持ちとか。

お金と引き換えに、時間や、ものや、喜びを手にいれる。

お金そのものよりも、その先の「体験」が欲しいのだと思う。

お金から得られるもの、お金だけでは得られないもの

お金を稼ぐということは、誰かのそういう「体験」の役に立てたということ。

誰かの役に立てたと感じると、嬉しくなったり、そのことが自信につながる。

誰かの感謝の対価として、賃金が発生し、そのお金でまた、体験をする。

社会貢献をすることは、同時に自分のためになる。

お金はただ、人と人を介するもので。

そこに自分や誰かの「感謝の気持ち」がなければ、意味のないものになってしまうのだと思う。

私は、誰かの役に立ちたいし、その対価としてお金が欲しい。

そして、たとえお金を全て失ったあとでも、そこから何度でも立ち上がれる力が欲しい。

自分でも、誰かの役に立つことができるんだという、自己効力感が欲しい。

「役に立ちたい」という気持ちが裏目に出ると死にたくなる

実家に引きこもって、何もできずに、ただひたすら横になっていた頃、「私はこの社会に必要のない人間だ」と考えていた。

「私なんて、居ても居なくても変わらない」とは思わなかった。

なぜなら、生きているだけで迷惑という悪影響を与えているわけだから、自分がいなくなることは、周囲にとってメリットでしかない。なんの役にも立たない私はいない方がいいし、社会のためにも、今すぐ消えた方がいいと思っていた。

でも不思議なもので、そんなことを考えながら、一方では「私が死んだら、みんなが悲しむ」という気持ちもあって、それがいつも私を、ギリギリのところで踏みとどまらせていた。

一見、矛盾しているようだが、今にして思えば、「周囲への思いやりで死にたくなり、周囲への思いやりで死ぬわけにはいかなくなる。」そんなジレンマを抱えた状態だったのかもしれない。

人の役に立たない自分。迷惑でしかない自分。
裏を返せば、本当は役に立ちたい自分と、本当は迷惑をかけたくない自分がいた。

お金の先にある、本当に欲しいもの

生活が困窮している場合は、お金がないことで、メンタルだけでなく、フィジカルも生死に直結してしまう。

でも、そんな中でお金だけを手に入れても、それを管理する能力や、生活力、経済力がなければ、すぐに泡となって消えてしまうだろう。

「お金が欲しい」と、言う。

得たお金で、具体的にはどういうことをしたいのか、あまり考えずに言っている時もある。

きっと私の場合、

お金を手に入れるための、経済力が欲しい。

経済力を手に入れるための、生活力が欲しい。

生活力を手に入れるための、自己管理力が欲しい。

自己管理力を持てるだけの、余裕が欲しい。


余裕を持てるだけの、心身の健康が欲しい。

人と人とをつなぐもの

いろんなものを得た先に、結果としてお金がある。

先ばかり見ていても、自分の足元がおぼつかなければ、転んでしまう。

じゃあ今、足元を見下ろした時に、何が見えるのか。
この足で今、越えるべきものは、なんなのか。

いくつもの障害を超えていった先に、お金を得る未来があり、
さらにその先に、自分や誰かの「感謝」がある。

お金も、感謝も、同じように人と人をつなぐもの。

それらがなければ、こころも体も、健康ではいられない。

人は独りでは生きていけない。

今の自分に、何ができるのか。
どうすれば、誰かの役に立てるようになるのか。

きっと私は今、人生で何度目かのスタートラインに立った。
そんな私に今、必要なものは。

おやすみなさい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました