過去にバズった記事ランキング

【ADHDコミックエッセイ】なかよし夫婦生活♡〜望月家の場合〜

どうも。望月志乃です。
前回の記事でお知らせした通り、メンタルヘルスマガジン「こころの元気+」2020年5月15日発行号にて、コミックエッセイを寄稿させていただきました。

メンタルヘルスマガジン「こころの元気+」さんに寄稿させて頂きましたよという話
...
「こころの元気+」は、うつ病、双極性障害、発達障害など、様々な精神疾患に関する体験記を掲載している、メンタルヘルスマガジンです。ご興味がありましたら、こちらの「こころの元気+」公式ご案内ページをご覧ください。
発行元である、認定NPO法人 地域精神保健福祉機構・コンボ様の許可を得て、以下に寄稿させていただいた漫画を転載させて頂きます。

発達障害な夫婦円満の秘訣って、結局のところ○○じゃない?

ごめんなさい、先に謝っておきますが、だいぶ身も蓋もない結論になりました。

こころの元気+ 望月志乃 漫画「ADHDのなかよし夫婦生活」1枚目
こころの元気+ 望月志乃 漫画「ADHDのなかよし夫婦生活」

……………はい、そんなわけでね。
「夫婦といえども結局は他人なんだ」という、ポジティブともネガティブとも言い切れない結論になりました。

旦那の大らかさと、わたしの卑屈な性格により、なんやかんやでバランスが取れている気がしています。

よく言えば歩み寄り、悪く言えば妥協。

親しき仲にも礼儀あり。

作中にもある通り、正直たまに「それでいいのか?」と思わなくもないのですが。
「完璧な人間などいない」のと「相手は自分とは違う人間である」ということをお互いによく理解しているため、「相手を自分の思い通りにコントロールしようとしない」「多くを求めない」ところがあると思います。

ただ、以前にも記事にしたことがありますが、「家事もロクにできない専業主婦」である自分に対する、罪悪感や“養ってもらっている”という後ろめたさもあり、それはそれとして“自分の問題として”向き合っていきたい課題だとも考えています……。

【ADHD専業主婦の苦悩】「女はいいよな」に思うこと〜依存と見捨てられ不安〜
...

なかよし夫婦ってなんだろう?

対等な夫婦関係(パートナーシップ)とは?
運命共同体として、夫婦間で許される境界線はどこにある?
どちらかの努力不足によるものなのか、相性の問題なのか?

単なる諦めなのか、甘やかされた結果の依存なのか。
それとも、相手の意思を尊重した上での、優しさなのか。
あるいはそれら全ての複合体なのか。

「わかって欲しい」「同じように感じて欲しい」とどうしても相手に願ってしまうけれど、「相手には相手の意思があり、自分の思い通りにはならない」ということを、忘れてはいけないと思う。

しかし、たまたま我が家がこのスタイルで平和にやっているというだけで、あくまでも夫婦がそれぞれに話し合い、探っていくものなのでしょうね。

あなたなりの答えが、見つかりますように。

では、また。

メンタルヘルスマガジン「こころの元気+」さんに寄稿させて頂きましたよという話
...

コメント

タイトルとURLをコピーしました